いしおかの里山クラフト展、最終日

2017年3月3日(金)~5日(日)茨城県フラワーパーク駐車場で【いしおかの里山クラフト展】が始まり、のんびりぼっこ広場の木工房:北の森工房が出店しています。
初日の3日は、温かさが戻り沢山のお客様に来店いただきました。
午後からは突風に見舞われ、ほとんどのブースのテント幕が外されましたが、のんびりぼっこ広場のブースのテントは強風に耐えました。
2日目も天候に恵まれ昨日のような強風も吹かず、お客様もゆったりと買い物を楽しんでいました。
最終日も天候に恵まれる予定です。来場をお待ちしております。

突風に見舞われ後のブース いしおかの里山クラフト展
突風に見舞われ後のブース
いしおかの里山クラフト展

いしおかの里山クラフト展
いしおかの里山クラフト展

いしおかの里山クラフト展

開催日時:2017年3月3日(金)~5日(日)

     午前9時30分~午後4時30分(5日の終了時間は午後3時30分)

開催場所:茨城県フラワーパーク駐車場(入場無料)

     茨城県石岡市下青柳200番地

    ※園内では里山アート展を開催しています(入場有料)

主  催:石岡市観光協会

茨城県フラワーパーク地図
茨城県フラワーパーク地図

クラフト作家40人が参加します。

のんびりぼっこ広場の木工房:北の森工房は、
厳しい自然環境で育った広葉樹は、趣のある個性豊かな木目と形状を持っています。
「自然は芸術」をモットーに個性ある素材、木目を生かした一輪挿しなどの花器。
その他、カッティングボードや漆皿など食卓を楽しく演出するオリジナル木のアイテム、木のアクセサリーを制作。
ワクーショップは、個性あふれる木のビーズ等組み合わせて作る「アクセサリー作り」を行います。

のんびりぼっこ広場の不思議

のんびりぼっこ広場には、不思議ことが起こることがあります。
紫陽花の根元の落ち葉が、時々、掻き出されます。
戻すと又掻き出されます。

紫陽花の根元の落ち葉が掻き出される
紫陽花の根元の落ち葉が掻き出される

紫陽花の根元の落ち葉が掻き出される
紫陽花の根元の落ち葉が掻き出される

いろいろ推測してみました。
ミミズを餌にしている動物ではないか。
鳥では、落ち葉の搔き出し量が多い。
先日、この場所より50m位下の側溝に潜り込んでいく狸を発見。
狸はミミズを食べる。
大方、狸のようです。
「生物モラトリアム」サイトで、狸について解説していますが、そこに使われている「側溝に潜り込む狸」の写真がのんびりぼっこ広場に生息する狸のイメージがそっくりです。
以前撮影した狸の写真を紹介しておきます。

のんびりぼっこ広場に生息している狸
のんびりぼっこ広場に生息している狸

ペンダントのパーツ:ハート

のんびりぼっこ広場の木工房制作の木と蜻蛉玉のペンダント作りの木のパーツ:ハートが出来上がりました。
広葉樹の木目を活かした木のパーツ:ハートの素材は、左から梻、樺、栓、チューリップウッド、紫檀、黒檀、紅紅木、御蔵島の桑、槐、赤欅、塩地、百日紅、桜、楓で、蜜蝋で仕上げたいます。
ハートを二枚重ねたり、雫型のプレートと組み合わせるのが人気があります。

木のパーツ:ハート315円
木のパーツ:ハート315円 木のパーツ:プレート205円
木のパーツ:ハート315円
木のパーツ:プレート205円